瀏陽市

(中華人民共和国 湖南省)

瀏陽市は湖南省の東部に位置する湖南省第2の都市で、三国時代に活躍した呉の名将周瑜の領地と歴史書籍に記されています。花火の生産がとても有名で、千年以上の歴史を有し、現在、世界160の国と地域に花火を輸出し、世界の花火シェアの半分以上を占めているため、「世界の花火の里」と呼ばれています。

・交流のきっかけ
瀏陽市副市長来訪の縁

・主な交流
瀏陽市経済貿易調査団来訪(平成20年)、霧島市長訪問(平成19年)

 

提携年月日

2007年10月19日

提携の動機及び経過

平成16年11月に瀏陽市の副市長が旧国分市を訪問したことがきっかけで相互交流がはじまり,平成19年10月に正式に友好交流協議書を締結しました。

提携先(中国湖南省瀏陽市)の概要

<位置>中国湖南省

<人口>約1,335,500円

<気候>亜熱帯で湿潤な気候,年間平均気温17.3℃,年間降水量1,552mm

<産業>花火

<特徴>花火の生産がとても有名で,1000年以上の歴史を有し,現在世界160の国と地域に花火を輸出し,世界の花火シェアの半分以上を占めているため,「世界の花火の里」と呼ばれています。