鹿児島県と江蘇省は,昭和60(1985)年から農業分野での技術交流を契機に,海外技術研修生や国際交流員の受入れ,訪問団の相互派遣,青少年の派遣などを通じて交流を深めてきました。

これらの交流の実績を踏まえ,平成10(1998)年8月に,第1回鹿児島県・江蘇省交流協議会を開催し,交流促進のための意見交換等を行い,以来,毎年相互の地で開催しています。

平成17(2005)年1月には,第7回交流協議会を江蘇省南京市で開催し,行政,観光,スポーツ等の幅広い分野の交流について協議を行いました。

今後も,この交流協議会を柱に,幅広い交流を促進することとしております。

【江蘇省の概要】

人口 7,405万人(全中国 第5位)

面積 10.26万平方キロメートル

省都 南京市(人口 約570万人)

その他

中国大陸の東都沿海地区に位置し,長江,淮河の下流域に広がる。

東は黄海,西は安徽省に連なり,南は上海,北は山東省と境界を接する。

亜熱帯から温帯に広がり,気候は温暖で降水量も多い。 平坦な地形で平原が広く,川湖が豊富にあり,河川網が発達している。

工業生産額は全国1位,肥沃な耕地が比較的多く,全国有数の穀倉地帯である。